わたしのEvernote活用術(第3回〜scansnap活用〜)

投稿者: | 2014年6月8日
[`evernote` not found]
Pocket

やっぱEvernoteにはscansnapが最高

「わたしのEvernote活用術(第1回)」にも出てきていますが、PFUのscansnap s1300iを活用しています。
今回はscansnapをフル活用してEvernoteに放り込んでいる使い道をご紹介します。

 

1.年賀状

ベタですが、今年から年賀状をスキャンすることにしました。
やっぱり子供がいて、30代なかばにさしかかってくると送る方もですが、もらう方も写真入りの年賀状が多くなりますね。しかも毎年子供なんて大きくなってくるので変化が激しいです。「こんな大きかったっけ?」的な(笑)

これのいいところは両面スキャンしてしまって、1枚ずつノートをマージしてしまえばタイトルもそのまま。
年賀状は宛名面がほぼ100%PCで作成されているのでOCR検索の精度がバッチリあがります。
しかーも、お年玉年賀はがきの当選番号を検索してしまえばいちいち探す手間も省けますね。これ便利。

結局あたってはいませんでしたが。年賀状

2.保育園関連

保育園は紙でしょっちゅうお知らせをもらってきますので、もらってくるたびにスキャンしています。
ただ、これだけはタイトルをつけていますし、上の子と下の子でクラスも内容も違うのでわかるように分別しています。ただ、ノートブックは保育園名にしてごちゃごちゃしないように気をつけています。

それと子供がもらってきた「なわとび検定(?)」とか、父の日に作ってくれた作品なんかも写真をとって一緒に保存しています。
さらに嫁のEvernoteアカウントにも共有することで家庭内でもクラウド活用ができるという便利な状態になっていたりもします。

保育園

 

3.家を建てる時にすごく役立った

昨年、マイホームを建てました。

それは想像以上にややこしく、書類が多く、めんどくさいものでした。結婚式よりめんどくさいものがこの世にあったのかと思うくらい。。。

登記簿謄本や住民票の内容は確定申告にも必要だったり、会社への申請に写しが必要だったりしましたのでコピー置き場になりましたし、以前住んでいたアパートの引き払いの敷金精算などの書類もとっておくことでいろいろ棚卸しができました。

一番便利だったのはSKITCHで作成した駐車場まわりの寸法を記録したノートでした。
これは引っ越して1ヶ月位はいろいろホームセンターなどで買い物をするときに開いて、手持ちのメジャーなどで計りながら購入できたので効率最高でした。

あと、思い出代わりに内見会のチラシなどもスキャンしておくといいですね。

家づくり

 

 

いかがでしたか?スキャナがあればとにかくいろいろスキャンしてEvernoteに保存したくなるものですが、使い道に参考になれば幸いです。



[`evernote` not found]
Pocket

わたしのEvernote活用術(第3回〜scansnap活用〜)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です