Evernote連携ヘビーユースiPhoneアプリ5選

投稿者: | 2014年3月28日
[`evernote` not found]
Pocket

毎日のライフログの中心にはEvernoteがかかせませんが、今日は連携アプリ5トップをご紹介します。

Pathever


いわゆるGPSロガーです。
アプリを立ち上げるだけで一定距離(設定で変更できます)毎にマップにピンを打ってくれ、それをEvernoteの1つのノートとして保存してくれるので小旅行や出張の記録に便利です。
ただ、常時GPSが稼働しているのでバッテリーの残量には注意しておく必要があります。

Postever

 

これもメモアプリであるEvernoteには最強の組み合わせです!
1ノート/1日としてEvernoteに保存されますが、Posteverで送信した時間も一緒に記録されるので

「いちいちカレンダーに登録なんてできないよ!」という人にはもってこいのライフログアプリではないでしょうか。

 

bookever


手持ちのスキャナで蔵書を自炊する一方、本屋さんではちょこちょこ本を買っていくので本棚がいっぱいになって
きています。また、図書館でも借りてきたりするのですが、なかなか「読書ノート」までは書く根気がないのです。。。

そんな人にオススメ★これは本の後ろに付いているバーコードを読み取るだけで本の情報をDBからひっぱってきて
くれて、図書館を登録しておけば蔵書かどうかも調べることができます。
本屋さんでバーコードを撮っておけば休日に図書館で借りてきたりできるんですねー。(いいかどうかは別として)

 

MoveEver

 

常にDesktop版Evernoteをいじれる環境にある人には不要かもしれませんが、筆者は会社でのEvernoteは禁止されていますので、プライベートな内容のノートとかWebclipとかを整理するのに使っています。

通常だと1つ1つノート情報を編集してノートブックに移動させないといけないのですが、このMoveEverは一度に複数のノートをノートブック移動できちゃうんです!
いつも使うわけじゃないけど的なランキングでは1位です。

 

Cardful

 

最後はコレ。筆者は仕事でもらっている名刺に限ってはEvernoteを使っています。Evernoteの画像認識の精度は驚
くべきレベルですので、スキャナで名刺を読み取りJpeg保存→Evernoteにアップしてしまえば、名刺ホルダーのあ
りかを気にすることなく、「名前」「会社名」「メルアド」などで検索ができてしまうのですが、ときどき名刺の
タイプ、フォントによってうまく認識されないことがあります。
そういうときに備えて筆者はCardfulを使っています。

アプリ上でノートブックを指定した上で読み込むと、Jpegを保存した各ノートにテキスト情報を付加してくれるの
で検索精度は格段にアップします。

いかがでしたか?今度「自動でEvernoteにライフログを取り込んでくれるIFTTT」を紹介したいと思います。

できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド

新品価格
¥1,080から
(2014/5/4 17:32時点)

EVERNOTE プレミアムパック 1年版

新品価格
¥6,000から
(2014/5/4 17:33時点)

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です