我が家のキャンプ道具(大道具系)

投稿者: | 2015年9月30日
[`evernote` not found]
Pocket

今年に入ってからファミリーキャンプをよくしています。
子供が思春期になったらできないことだと思ってますので(笑)

というわけでうちのキャンプ環境は平たくいえばこんな感じです↓
IMG_0964

純国産メーカーの雄、スノーピークのアメニティドームとHDタープ“シールド”・ヘキサ(L)を家としています。
アメニティドームはエントリーモデルではあるのですが、家族4人がかなりゆったり寝られることと、大きな前室があるので雨の日でも靴や荷物を置いておくことができますので濡れたり飛んで行く心配がありません。

また、タープもヘキサなので張った時の姿が美しいことに加え、風にも強い設計になっています。
どうしても張り綱の場所が必要なのでオートサイトなどでキャンプをするときには10m×10mくらい以上の面積が必要にはなります。大きければ大きいほど夏の日差しは防げるので快適に過ごすことができます。

あとは、キャンプの必需品、「火」系です。
うちは調理用にSOTOのガソリンストーブ
IMG_0963

ライティングに伝統的なガソリンランタン コールマンのシングルマントルランタン(286A)
IMG_1414

あと雰囲気用&BBQ用にスノーピークの焚き火台
IMG_0739

をセットとして持っていきます。
これだけあれば十分!
ランタンはテーブルなどに置くと高原が低くなってしまうのでパイルドライバーというランタンスタンドを地面に刺して使っています。


これだとスタンドの足などにひっかけて転倒する心配もありませんのでなかなか便利ですね。

特にコールマンのガソリンランタンは何十年も前から変わらないデザインである安定感と、どこのホームセンターでもメンテナンスキットが売っていることが一番の安心感です。
構造がある程度シンプルですので故障しにくい上にマントル(光る部分)が1つなのでびっくりするほど明るくはありませんが十分キャンプの手元を照らすくらいには使えます。
※個人的にはLEDの白い光が苦手なのも決め手でした。

焚き火台なんて何でも一緒でしょ!なんならBBQコンロでできるでしょ!って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、壊れずに何十年も使えるデザイン、耐久性があれば災害時でも十分役に立ちますし、焚き火のための焚き火台なんていいものを持ってたらおしゃれですしね。

またちまちまとキャンプ道具紹介していきたいと思います。

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です