1,000円の優雅な船旅(東京湾フェリー)

投稿者: | 2015年7月25日
[`evernote` not found]
Pocket

猛暑の中なんとか涼を感じられないかと思いリーズナブルな船旅をしてみました。

一般に船旅というと島で渡ったり、長距離の行程であったり、屋形船のようになかなか光球なものであったりするのですが、実は生活路線として浦賀水道を横断するフェリーが運行されています。東京湾フェリー

久里浜から房総半島の金谷まで40分でいくことができます。バスなら東京駅から木更津まで1時間。そう考えればさほど遠くもないので館山方面に行くには逆に便利かもしれません。

IMG_0797
京急久里浜、JR久里浜からフェリー乗り場までバスが出ており、フェリーの出航時間に合わせた運行がされています。フェリーのりばまで10分ほどです。

IMG_0796
生活感のある一般的な中型カーフェリーです。

IMG_0795
船内は座席がいっぱいあり、乗客数に比して多いのでかなりのんびりできますが、金谷まで40分なので天気がよければずっとデッキ(甲板)にでていても十分です。

フェリーに乗ってからの行動は大きく3つあります。

  1. 片道きっぷ(720円)でほかのルートで帰る
  2. 金谷周辺で散策して往復きっぷ(1,320円)で帰る
  3. そのまま帰る

3.のそのまま帰るということですが、往復運賃よりも安く乗ることができます。
「遊覧運賃割引」というもので、金谷での下船はできませんが1,030円でフェリーに100分乗ることができます。
IMG_0781
「遊覧」のハンコがおされています。

IMG_0787

たまには潮風に吹かれてクルージングもいかがでしょうか。

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です