ペンで毛筆の書を書きたい!

投稿者: | 2015年4月27日
[`evernote` not found]
Pocket

私は左利きです。
同じ左利きの方ならお分かりいただけるかと思いますが、毛筆が苦手です。
ペンならなんとなくちゃんとしたっぽい字は書けるのですが、どうしても先の柔らかい筆になると払い、トメがグニャるんで変な味のない時になってしまうのが小学生の頃からとても嫌でした。

それでも大人になるにつれ、書の美に出会いながら「いつかこんなの書きたいなー」とか思うわけです。

そんなときに思いついたのが、「毛筆っぽい絵を描くこと」です。まぁ現時点では模写なんですが。
最初に取り組んだのはMOLESKINEに描いた敬天愛人
「敬天愛人」です。言わずと知れた西郷隆盛の書ですね。
遠くから見たら筆っぽいでしょ?

いろいろ模写してたんですが、最近は100均に売っている画用紙や色紙に描いてみました。

いまの首相、安倍さんの「以和為貴(和をもって尊しとなす)」の色紙です。
最初は下書きで輪郭を描きます。
IMG_5574

そのあとひたすら塗っていきます。ペンはSARASAを使いました。細いところは0.3ミリ、ほかは0.7ミリです。

IMG_5576

ほらこんな感じ。

ほかには遠山の金さんのお白州でかかっていた「至誠一貫」。今回は徳川慶喜公の書体を模写です。
IMG_5570
なんとなく大きさわかるかもしれませんがA3サイズの画用紙です。

至誠の部分は近くで見ると
IMG_6162
ほら、ペンでしょ。
なかなかここに神経を使います。

ゆくゆくは掛け軸にでかでかと描いてみたいと思います。

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です