ジーン・クランツの名言はビジネスにも十分活かせる

投稿者: | 2015年4月13日
[`evernote` not found]
Pocket

ジーン・クランツという人をご存知ですか?
映画「アポロ13」で有名になりましたが、NASAの主任管制官を務めた人です。
劇中ではエド・ハリスが演じていました。

宇宙空間で宇宙船が爆発してしまったトラブルのときにも動じることなく冷静に無事搭乗員を全員生還させたことはビジネスリーダーとしてもすばらしいことだと思います。



有名なのが「ジーン・クランツの10か条」として知られています。

  1. Be proactive(先を見越して動け)
  2. Take responsibility(自分の担当は自ら責任をもて)
  3. Play flat-out(きれいになるまでやり通せ)
  4. Ask questions(不確実なものはその場で質問をして把握せよ)
  5. Test and validate all assumption(考えられることはすべて試し、確認せよ)
  6. Write it down(連絡も記録もすべて書きだせ)
  7. Don’t hide mistakes(ミスを隠すな、仲間の教訓にもなる)
  8. Know your system thoroughly(システム全体を掌握せよ)
  9. Think ahead(常に、先を意識せよ)
  10. Respect your teammates(仲間を尊重し、信頼せよ)

という内容です。
まぁ、これができたら完璧!という内容ですが、すごく参考になります。

2015.7.7追記
6月まで使っていたノーブルノートの表紙裏にも書いていたのですが、ときどき見返しては仕事をする上での「仕事のススメ方」として非常に参考にしていました!
IMG_0643IMG_0644
いい感じに膨らんで味がでました。



[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です