防災についてちょっと考える

投稿者: | 2015年4月12日
[`evernote` not found]
Pocket

ネットで数日前から騒がれている「ゲリー・ボーネル」という人の予言。
それは「4月12日に伊豆大島付近を震源とする大地震があり、その1週間後に東京で大地震がある」というノストラダムス的な予言でした。

まとめサイトでもいろいろ騒がれていて、過去の阪神大震災をあてたとか、東日本大震災をあてたとかよくわからないままにちょっとだけ不安になってしまいました。
びびって昨日はスーパーで2L×6本入りの水のケースを買いに行ってしまいました。

実は「防災士」という資格をもっており、災害に備えた知識はそれなりにあります。
一番重要なのが「発災から72時間は自力で生き抜く」ということです。
いきるため、助かるためには「自助・共助・公助」という3つがあり、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です